クリスマスコンサートを開催いたしました!

2018年12月14日

毎年恒例となるクリスマスコンサートを、12月13日(木)に開催いたしました。

 

 

 

毎年Qualia Productionから数名のミュージシャンの方にお越し頂いておりますが、今年は堤 麻衣子さん   (バイオリン)、永井 尚子さん(ピアノ)、 堤 喜代美さん (シャンソン)に素晴らしい演奏と歌声を披露して頂きました。

 

前半はバイオリンの堤さんとピアノの永井さんによるデュエットでした。

「どこかで聞いたことがある」という耳馴染みの曲も多く、序盤から会場は盛り上がりを見せていました。

 

 

 

 

途中からは堤さんの歌声も披露して頂き、自身のバイオリンに劣らない美声を響かせました。(少しややこしいですが、バイオリンのほうの堤さんです。まだシャンソンの堤さんは登場されていません)

 

 

 

 

さらに前半の最後には堤さんの特技(?)である『超ミニバイオリン』の演奏も披露して頂きました。

 

 

人形サイズとも言えるこのバイオリンを弾きこなすことができるのは世界中でも堤さんだけらしく、最近ではテレビ等でもよく紹介されているそうです。サイズが小さすぎて肩と顎で挟むことが出来ず、口に咥えて固定されておられました。

 

 

後半からはシャンソンの堤さんも登場し、会場からは「待ってました!」の声も届きました。

 

 

温和そうな見た目に反したとてもパワフルな歌声は、例え歌詞の内容が分からずとも有無を言わさぬ説得力を含んでおり、オーディエンスの中には思わず涙ぐむ方もおられました。

 

 

 

 

上品さの中にもユーモアがたっぷり、それでいてどこか懐かしさも感じさせるような濃密なステージは時間を忘れさせ、約1時間半のクリスマスコンサートはあっと言う間に幕を下ろしました。

 

クリスマス本番前に、至福の時間と言う最高のプレゼントを提供して頂いた御三方、そしてたくさんの声援や拍手で会場を盛り上げて頂いた患者様はじめ地域の皆様には、当院一同心よりお礼申し上げます。

 

 

*・゚☆.。来年のクリスマスコンサートもお楽しみに.:*・゚☆.。.:*

 

 

福西会病院ニュース一覧に戻る

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)