第7回 院外講座を開催しました!

2017年05月12日

平成29年5月9日(火)、早良区原北公民館にて院外講座を開催しました。

今回は「高齢者の脳神経外科疾患について~頭部外傷と脳卒中~」というテーマで、当院脳神経外科の不破功医師より講演させていただきました。

 

「頭部外傷」は、打撲等により発生する疾患で①打撲直後に発症する疾患(脳震盪、頭蓋骨骨折、頭蓋内出血、脳挫傷)と②慢性的に発症する疾患(慢性硬膜下血腫)に分類されます。頭蓋内出血は致命的になることもありますので、早期検査が必要です。慢性硬膜下血腫は、頭部打撲直後には症状が出ず、徐々に脳内に血液が貯まり圧迫されてくることから発症します。

 

「脳卒中」は脳内の血管に障害がおこる疾患であり、①脳血管が詰まるもの(脳梗塞)、②脳血管が破裂するもの(脳出血・くも膜下出血)に分類されます。脳卒中の症状は、「急なしびれ・歩行不能・めまい・意識朦朧」などがあります。脳出血・くも膜下出血の症状としては「突然の頭痛・嘔吐・血圧上昇」などがあります。

 

 当日はあいにくの雨でしたが、31名の方に参加していただきました。

今回は原北公民館様の「シルバーカレッジ」という講座の1枠をお借りしました。参加者の方からは多数の質問が飛び交い、健康意識の高さを感じられました。

 当院はこれからも地域の健康増進を目的にこのような活動を続けて参りたいと思います。

参加者の皆様、講堂をお借りしました原北公民館様、まことにありがとうございました。

 

  

福西会病院ニュース一覧に戻る

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)