福西会病院における
個人情報保護に関する
基本指針

福西会病院では、個人情報取扱医療機関として、患者さんに対する個人情報の保護を最重要事項の一つと位置づけ、
個人情報に関する方針・計画実施・監査等を制定し、以下の方針に基づき正確かつ安全に取り扱うことに努めます。

1.個人情報の収集・利用・提供

個人情報を収集する場合は、収集目的を明確に開示して収集します。収集した個人情報は、患者ご本人の同意を得た範囲内で利用しますが、以下の場合のみ、本来の利用目的の範囲を超えて、患者さんの個人情報を利用することがあります。

  • 患者さんのご了承を得た場合
  • 個人を識別あるいは特定できない状態に加工して(注1)利用する場合
  • 法令などにより提供を要求された場合

法令の定める場合などを除き、患者さんの許可なく個人情報を第三者(注2)に提供することはありません。

(注1)
単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、あらゆる方法をもってしても情報主体を特定できない状態にされていること
(注2)
第三者とは、情報主体及び受領者(事業者)以外をいい、本来の利用目的に該当しない、
または情報主体によりその個人情報の利用の同意を得られていない団体または個人を指す

2.個人情報の安全対策

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等に対して、技術面及び組織面において合理的で適正な安全対策を講じます。

3.個人情報の開示、訂正および利用停止

個人情報に対して、患者ご本人から開示、訂正もしくは削除、又は利用もしくは提供の拒否を求められたときは、
社会通念や慣行に照らし、合理的期間、妥当な範囲で応じます。

4.個人情報に関する職員教育

医療義務に従事するすべての職員に対し、個人情報保護の重要性とその責任を認識させることに努めます。

5.個人情報に関する法令・規範の遵守

個人情報に関する法令及びその他の規範遵守いたします。

6.継続的改善

個人情報保護の方針・計画・実施などについて、必要に応じて見直し、改善いたします。

平成17年4月1日作成
平成28年11月1日改訂

当院における患者さんの
個人情報の利用目的

当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。
ご不明な点などがございましたら職員までお問い合わせ下さい。

院内での利用

  • 患者さんに提供する医療サービス
  • 医療保険事務
  • 入退院等の病棟管理
  • 会計、経理
  • 医療事故等の報告
  • 患者さんへの医療サービスの向上
  • 院内医療実習への協力
  • 医療の質の向上を目的とした院内症例研究
  • その他、患者さんに係る管理運営業務

院外への情報提供としての利用

  • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
  • 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  • 他の医療機関等からの照会への回答
  • 患者さんの診察のため、外部医師等の意見・助言を求める場合
  • 検体検査業務等の業務委託
  • ご家族等への病状説明
  • 保険事務の委託
  • 審査支払機関へのレセプトの提供
  • 審査支払機関または保険者からの照会への回答
  • 事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
  • 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
  • その他、患者さんへの医療保険事務に関する利用

その他の利用

  • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • 外部監査機関への情報提供
  • 治験又は製造販売後臨床試験に係る調査および支援業務の委託

上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を職員までお申し出下さい。
お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

平成20年4月1日

QIP(医療の質と経済性の評価・向上プロジェクト)の参加について

『医療の質と活動の実態調査・改善事業について』

当院では、より質の高い医療・公衆衛生の向上のため、私達が行っている医療の内容を客観的に評価しながら、さらに改善させてゆくことが大事だと考えております。そこで、当院では研究機関と協力して、お受けになった入院および外来診療に関するデータを完全に匿名化した状態で収集して客観的に分析し、医療や施設運営の質を一層向上させることをめざしております。

研究参加と既存情報の提供についての公開情報

  • ①(試料・情報の利用目的及び利用方法、他の機関へ提供方法):

匿名化された診療報酬データ(DPCデータ)を、医療の質と活動の実態調査を行い公衆衛生の向上に与する目的に、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、京都大学へ提供する

  • ②(利用し、又は提供する試料・情報の項目):

厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など)

  • ③(利用する者の範囲):

「医療の質と経済性に関する実態調査」を実施する研究者
研究責任者:京都大学大学院医学研究科医療経済学分野教授 今中 雄一
研究実施体制は研究責任者によるホームページをご参照下さい。http://med-econ.umin.ac.jp/disc/

  • ④(試料・情報の管理について責任者):

医療法人福西会 福西会病院 情報担当責任者:山下 裕一

本件にご質問・ご意見がございます場合には、ご遠慮なく事務部(嘉藤)まで、お問い合わせ下さい。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)