放射線科

放射線科

一般撮影、透視検査の他、CT、MRI検査および血管造影を行っています。CTを用いた冠動脈撮像、大腸検査(CTC)等も可能です。PACS、遠隔画像診断システムが導入されていますので、院内・院外ともに24時間、迅速な読影が可能です。

血管内治療では出血性病変(喀血、消化管出血など)の止血、悪性腫瘍の治療(肝細胞癌など)が主体です。
血管外治療には呼吸器外科との連携による気胸の治療があります。

【写真】放射線科
【写真】放射線科

放射線科は、種々の機器(主に放射線を発生する)を用いて、
診断及び治療を行う部門です。

担当医のプロフィールはこちらからご覧下さい。

画像診断の種類

  • CT(コンピューター断層画像)
  • MRI(磁気共鳴画像)

  • X線写真
  • 消化管造影
  • 胸部単純X写真
  • 胃透視 など
【写真】一般撮影

一般撮影

一般撮影とは、俗にいうレントゲン撮影のことです。X線を照射して胸やお腹、全身の骨などの透過像を撮影し、異常を発見します。

【写真】CT(コンピューター断層画像)

CT(コンピューター断層画像)

CTは、X線を利用して、体内の情報を集め計算により人体の横断像(輪切り)を撮影することが出来ます。

【写真】MRI(磁気共鳴画像)

MRI(磁気共鳴画像)

放射線を使わず、強力な磁石を埋め込んだトンネルの中に入り、電波を身体に当てることで体内の状態を断面像として撮影する事ができます。

【写真】一般撮影

一般撮影

一般撮影とは、俗にいうレントゲン撮影のことです。X線を照射して胸やお腹、全身の骨などの透過像を撮影し、異常を発見します。

【写真】CT(コンピューター断層画像)

CT(コンピューター断層画像)

CTは、X線を利用して、体内の情報を集め計算により人体の横断像(輪切り)を撮影することが出来ます。

【写真】MRI(磁気共鳴画像)

MRI(磁気共鳴画像)

放射線を使わず、強力な磁石を埋め込んだトンネルの中に入り、電波を身体に当てることで体内の状態を断面像として撮影する事ができます。

各種画像診断について「放射線部」にて詳しくご覧いただけます。

放射線部のページはこちら

IVR(血管内治療)について

IVRとは、血管内治療や画像誘導下治療と呼ばれるものです。CTや血管造影装置などの高度な画像診断機器を用いて、局所麻酔でカテーテルを血管内に挿入することや、専用の針で病変を刺すことで、特殊検査や治療を行う手技です。

当院では血管造影(IVR:血管内治療)を積極的に行っています。64列CT撮像により、冠動脈3D表示や大腸の仮想内視鏡検査(CTC)が可能です。血管内治療では胸腹部の出血性病変(喀血、消化器出血、外傷、炎症、腫瘍に伴う動脈性出血等)が対象となります。
担当医についてはこちらからご覧下さい。

【写真】IVR(血管内治療)

血管造影検査については放射線部のページをご覧ください

【写真】IVR(血管内治療)

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)