臨床検査部

臨床検査部は病気の早期診断、重症度の判定、臨床経過の観察、治療効果判定の指針となる患者さんの情報を提供する部門です。医療理念の「質の高い安全安心な医療の提供」に基づき、迅速かつ正確なデータを提供する事を目標とし、患者さんに対する優しいお声かけ、気配りを心がけ日々検査を行っています。

業務内容

臨床検査の業務内容は、血液 ・尿 ・便 ・生体組織等患者さんから採取した検体を分析する検体検査と心電図 ・脳波 ・超音波検査など直接患者さんの身体の情報を数値や画像に変換する生理機能検査に大別されます。

臨床検査部では、患者さんの病気の発症にいつでも対応できるよう24時間体制で検査業務を行っています。

【写真】臨床検査部
【写真】臨床検査部

検体検査

一般検査

尿検査は腎臓や膀胱の病気、糖尿病などの病態を把握するための検査です。便潜血検査は消化管の出血性病変の有無を調べ、大腸癌の早期診断に有効です。髄液検査は中枢神経の感染症、脳腫瘍、くも膜化出血、脳水腫などに有効です。胸水、腹水などの穿刺液の検査も行っています。

血液・凝固検査

血液中にある白血球・赤血球・血小板などの細胞を質的・量的に測定します。
また、顕微鏡で白血球・赤血球の形態を分析する事により、感染の有無、血液疾患などの病態を把握します。

その他に、出血を止める働きを検査する凝固検査や血液中のpH、酸素濃度、二酸化炭素濃度を測定するガス分析などを行います。

【写真】血液・凝固検査
【写真】血液・凝固検査

生化学・免疫血清検査

検体は血液を凝固させ遠心分離して得られた血清を用い、生化学検査では生化学自動分析装置で体内の酵素、脂質、含窒素成分、無機質などを定量測定します。

一般的な項目として蛋白、AST、ALT、コレステロール、尿素窒素、クレアチン、電解質、血糖、ヘモグロビンA1cなどがあります。肝・腎など、各臓器に特異的な項目を組み合わせることにより診断・治療に有効です。

免疫血清検査は、感染症検査(HBS抗原、HDV抗体)、腫瘍マーカー(CEA.AFP.CA19-9.PSA)や甲状腺ホルモン(TSH.F-T4.F-T3)などの測定を行っています。

【写真】生化学・免疫血清検査
【写真】生化学・免疫血清検査

輸血検査

血液型、不規則抗体検査、交差適合試験などの輸血に関する検査、輸血用血液製剤の一元管理を実施しています。また、輸血用血液製剤の発注・保管・払い出し、及び前もって自身の血液を準備しておく、自己血の保管管理も行っており、安全な輸血が行われるよう24時間体制で対応しています。

生理機能検査

直接患者さんの身体に接し、様々な機器を用いて各種認定検査技師が検査を行います。検査内容により所要時間は異なります。

標準12誘導心電図検査 所要時間:5~10分

標準12誘導心電図検査

所要時間:5~10分

心臓の活動により生じる電気的な信号を波形として記録します。不整脈や虚血などの心臓の異常を調べる検査です。

負荷心電図検査、マスター2階段テスト 所要時間:10~15分

負荷心電図検査、
マスター2階段テスト

所要時間:10~15分

安静時心電図記録後、階段を昇降し、負荷後の心電図を記録します。

心肺運動負荷試験(エルゴメーター) 所要時間:30~50分

負荷心電図検査、
心肺運動負荷試験(エルゴメーター)

所要時間:30~50分

負荷がかかる自転車で運動をしながら、心電図、血圧、呼気ガス(マスク装着)、を測定する検査です。
虚血性変化、不整脈などが調べられ心機能の評価が行えます。

心肺運動負荷試験について

心肺運動負荷試験(エルゴメーター)
心肺運動負荷試験(エルゴメーター)

ホルター心電図検査

負荷がかかる自転車で運動をしながら、心電図、血圧、呼気ガス(マスク装着)、を測定する検査です。
虚血性変化、不整脈などが調べられ心不全の評価が行えます。

呼吸機能検査 所要時間:10~20分

呼吸機能検査

所要時間:10~20分

肺の大きさや肺の働きを調べます。気管支喘息、肺気腫、肺線維症などの診断に重要な検査です。また、手術前の検査としても行われています。

脳波検査 所要時間:40~60分

脳波検査

所要時間:40~60分

脳の活動状況や発達状況を電気的な波形として記録する検査です。頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍、てんかんの診断に重要な検査です。
※電流を流す事はありませんので、痛みは全くありません。

PWV/ABI検査
(脈波伝播速度/足関節上腕血圧比)所要時間:10~15分

PWV/ABI検査
(脈波伝播速度/足関節上腕血圧比)

所要時間:10~15分

両手足の血圧を同時に測定し、動脈血管の硬さや閉塞、狭窄を調べ動脈硬化の程度を評価する検査です。
PWVは動脈壁の硬さ、ABIは血管の閉塞、狭窄を表します。

睡眠時無呼吸検査
(PSG検査、簡易SAS検査)

睡眠中に10秒以上呼吸が停止する状態が、1時間当たり何回あるかを調べる検査です。自宅で行える簡易SAS検査(簡単な機械を装着します)と1泊入院して行う精密検査(ポリソムノグラフィ:PSG)検査があります。

超音波(エコー)検査 所要時間:30分程度

超音波(エコー)検査

所要時間:30分程度

体表面に機器をあて体内に超音波をおくり、各臓器より反射して帰ってくる信号を画像にして病変の診断を行う検査です。放射線を使用しませんので、被曝がなく安全で痛みもないので安心して検査が受けられます。
当院では、腹部・心臓・血管・体表臓器(甲状腺、乳腺)等の検査を行っています。また、副作用が極めて少ない造影剤を使用した、肝臓の造影超音波検査も行っています。
※内容により変わります。

【写真】超音波(エコー)検査
【写真】超音波(エコー)検査

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)