薬剤部

【写真】薬剤部

【写真】薬剤部

福西会病院の薬剤部は、薬剤師: 11名、薬剤助手: 2名にて構成されています。(平成28年4月現在)

業務内容

調剤業務

薬剤師により、まず処方監査(医師が処方した薬が適切かどうかを確認すること)がおこなわれ、薬が正しい量で処方されているか、併用禁忌薬剤(飲み合わせの悪い薬)などがないかなどチェックします。この時点で、不備や疑問点があった場合は医師に確認をします。

最終的に処方箋と薬剤が正しく調剤されているかを監査し、はじめて患者さんに薬を安全にお渡しすることができます。

【写真】調剤業務
【写真】調剤業務

注射薬調剤業務

医師の発行する注射の処方に基づき、患者さん毎の注射薬の払い出しを行っています。
また、調剤業務と同様に注射の処方を監査し、薬の適正使用に努めています。

製剤業務

数種類の薬品を調製して市販されていない飲み薬や外用薬、検査薬などをつくります。市販されていない薬は、患者さんの治療、診断に必要な薬を医師からの依頼により調製をおこなっています。各患者さんに必要な全ての薬が、製薬企業より供給されている訳ではありません。

もちろん製剤品については、安全性、有効性、製剤方法などを
十分に検討した後に調製しています。

【写真】製剤業務
【写真】製剤業務

薬剤管理指導業務

当院では、入院患者さんの病室に担当の薬剤師が出かけ、どのような作用の薬か・どんな副作用があるのか・ほかの薬と一緒に飲むときの注意等、自分の薬がどんな薬であるのかをよく知り、きちんと服用してもらうために薬についてのお話をしています。また、患者さん自身が知りたいこと・薬で不安に思っていることなどを話していただき、患者さんが安心して薬を飲んでいただけるよう心がけています。

薬剤管理指導業務
薬剤管理指導業務

持参薬の確認業務

入院前、服用していたすべての薬について、鑑別を実施し、医師や看護師に情報提供しています。
これにより、重複投与の回避や飲み合わせ、手術前に中止すべき薬の確認などができ、より安全で効果的な薬物治療が受けられます。

TPN調製業務

十分な栄養を経口摂取できない、または腸管から吸収できない場合に、生命維持に必要な栄養素(ブドウ糖、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)を静脈のみから投与する方法が取られます。全ての必要な栄養素を補充する輸液療法であることから、完全静脈栄養(TPN:Total Parenteral Nutrition)といわれます。また、他の治療用注射剤も混注させることもあるため、相互作用のチェック等も行い、調製は無菌的に行われます。

がん化学療法調剤業務

抗がん剤について、薬の量の確認、投与方法、投与間隔、相互作用などのチェックを行います。「安全キャビネット」という無菌作業のできる設備を使って薬を調整しています。

医薬品情報(DI業務)

医薬品情報室では、医療従事者や患者さんの医薬品適正使用のために、
製薬企業や厚生労働省から提供された最新情報または副作用等の文献等を収集・管理し、情報を提供しています。

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)