放射線部

【写真】放射線部

【写真】放射線部

放射線部では、多岐にわたる画像検査、透視下での治療等、最先端の医療機器を駆使し、患者さんに高度な医療の提供ができるよう、日々努めています。
放射線技師は、患者さんの放射線被ばくを管理しながら撮影し、診断に必要な画像を作成します。また、装置が常に正常に働くように整備・管理も行っています。

一般撮影

一般撮影とは、俗にいうレントゲン撮影のことです。X線を照射して胸やお腹、全身の骨などの透過像を撮影し、骨折や胸部の異常影、腹部の腸管ガス・結石など病気のおおまかな状況を把握できます。また、骨塩定量装置で骨の密度の計測なども行っています。

【写真】一般撮影

注意していただきたいこと
下記のようなものがある場合、撮影部位によって取り外していただくか、脱いでいただくことになります。
(検査着を用意していますのでご安心ください)

  • プラスチック類(ボタン等)
  • 貴金属(ネックレス、ピアス等)
  • メガネ、入れ歯
  • ズボンのベルト、ファスナー
  • カイロ、エレキバン、湿布 など
【写真】一般撮影

透視検査

X線を利用して、透視像を見ながら検査・治療を行います。主に造影剤を使用し、胃や大腸の撮影検査、内視鏡を併用して胆のうや膵臓の結石などを調べるERCPやその治療、関節の造影検査などがあります。その他にも骨の脱臼や骨折の整復も行っています。

注意していただきたいこと
X線を使って検査を行ないますので、撮影部位にある金属類、プラスチック類など、事前に取り除いていただき、検査着に着替えていただきます。
また、検査前に食事の制限や薬の服用など、ご協力いただくことがあります。

血管造影検査

カテーテルという細い管を腕や太ももの付け根の血管から目的血管まで挿入し、造影剤を使用して撮影し必要に応じて治療まで行います。血管が狭くなったり、詰まったりしていないかなど血管自体、また血管が関与している疾患を詳しく調べ、必要があればIVRと呼ばれる血管撮影手技を応用した治療、例えば心臓の冠動脈に対するバルーン治療やステント挿入術・肝臓癌の血管塞栓術や動注療法などを行っています。

【写真】循環器内科医師

当院の血管造影撮影装置は、FPD(フラット・パネル・ディテクター)と呼ばれる検出器を搭載している為、従来より診断能力の高い鮮明な画像を提供する事が可能になりました。また、従来の装置は心血管のみが対象でしたが、腹部血管、下肢血管も造影の対象になりました。詳しい内容は医師へお気軽にお尋ね下さい。

【写真】血管造影検査

主な施行術:経皮的冠動脈形成術 など

【写真】循環器内科医師

【写真】血管造影検査

CT検査

CTとは、ComputedTomography(コンピューター断層撮影)の略語です。X線を利用して、体内の情報を集め計算により人体の横断像 (輪切り)を撮影することが出来ます。検査時間は、検査の内容や部位によって異なりますが約10~ 20分程度の短時間ですみます。

また、造影剤を使用することにより、あらゆる血管(脳・胸部・腹部・上下肢血管)や腫瘍などの撮影が可能となります。さらに、CTで収集したデータを用い画像処理ワークステーションを使用して様々な方向の断層像や、骨や血管などの3D画像を作成することも可能です。
(下記の心臓CT検査やCTコロノグラフィー検査もワークステーション処理によるものです)

【写真】CT検査
【写真】CT検査

心臓CT検査

当院のCTは、心臓の検査も可能です。造影剤(臓器や血管をよりわかりやすくする薬)を静脈から注射し、心臓の血管を描出して狭窄(狭くなっていないか)を見つけることができます。

【写真】心臓CT検査
【写真】心臓CT検査

CTコロノグラフィー検査

CTコロノグラフィー検査とは、CTを用いた大腸検査の総称です。拡張や鎮痙剤で腸管の蠕動運動の抑制を行い、注腸X線造影検査や大腸内視鏡と同様の前処置をしたうえで撮影し専用の大腸解析ソフトを用いて、様々な再構成画像を作成し評価します。

【写真】CTコロノグラフィー検査

注意していただきたいこと
X線を使って検査を行ないますので、撮影部位にある金属類、プラスチック類など、事前に取り除いていただきます。また、検査前に食事の制限や薬の服用など、ご協力いただくことがあります。

【写真】CTコロノグラフィー検査

MRI検査

MRIとは、磁気共鳴断層画像診断装置(MagneticResonanceImaging)の略です。

X線検査やCT検査のようにX線を使わず、強力な磁石を埋め込んだトンネルの中に入り、電波を身体に当てることで体内の状態を断面像として撮影する事ができます。種々の撮像法の実用化により、コントラストのよい高精細な画像を比較的短時間に提供できるようになり、特に、脳・脊椎・四肢・骨盤腔(子宮、卵巣、前立腺)の病変に関しては、優れた検出能力を持っています。

【写真】MRI検査
【写真】MRI検査

CTとMRIの違い

CTはX線を、MRIは磁気を使って検査します。
それぞれ特徴がありどちらの検査を行うかは目的によって医師が選択します。

注意していただきたいこと
MRI検査を受けることが出来ない方(該当する方は、担当者に申し出て下さい)MRI検査では、強い磁場と電波を使うので、下記に該当する方は検査を受けることが出来ません。

  • 心臓ペースメーカーを使用している方
  • 体内に電子電気部品を装着されている方

下記事項に該当する方は、検査を受けることが出来ない場合があります。

  • 脳動脈瘤の手術を受け金属クリップを入れている方
  • 金属製の人工心臓弁を入れている方
  • その他の金属を体内に入れている方
  • 妊娠している方
  • 閉所恐怖症の方
  • 刺青のある方(染料に金属が含まれる場合があります)
【写真】MRI検査の画像
【写真】MRI検査の画像

その他 注意していただくこと
化粧は控えて下さい(顔料に金属が含まれる場合があります)
ヒートテックなどの防寒肌着は検査前に着替えていただきます。(体温が異常に上昇する可能性があります)

早期アルツハイマー型認知症
診断システム(VSRAD)

当院では、早期アルツハイマー型認知症診断システム(VSRAD)を用いた検査が可能です。
【VSRAD】とは、頭部MRI検査で撮影された画像を用いて、アルツハイマー型認知症に特徴的に見られる海馬傍回付近の萎縮の形態画像情報を解析して、診断の支援情報を提供するものです。現在当院が使用している最新のVSRAD advance 2では、アルツハイマー型認知症(AD)とレビー小体型認知症(DLB)の鑑別診断を支援する参考指標が追加されました。 通常の頭部MRI検査と同時に撮影ができ、約7~8分の追加ですみます。

早期アルツハイマー型認知症診断システム(VSRAD)

(この検査だけで認知症の診断が確定するわけではありません。診察や他の検査結果との総合的な判断により診断されます。)
少しでも物忘れの心配がある方は神経内科医師にご相談下さい。

早期アルツハイマー型認知症診断システム(VSRAD)

アルツハイマー型認知症の早期診断の詳細をPDFにてご覧いただけます

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)