ボツリヌス療法外来

脳卒中や脊椎損傷の後遺症などの痙縮に対して、
ボツリヌス療法を行っています。

脳卒中、頭部外傷、脊椎損傷などでは、様々な後遺症を残すことがあります。これらの後遺症は、患者さんが日常生活を送る上で大きな障害となることも少なくありません。 脳卒中の後遺症の中でも手や足の麻痺は多く見られる症状ですが、その中でも手足の麻痺と共にあらわれることが多い運動障害の筋肉のつっぱり(痙縮)に対する新しい治療法として近年「ボツリヌス療法」が行われています。

当院では、主に脳卒中の後遺症の痙縮(けいしゅく)に対する治療のひとつとしてボツリヌス療法を行っています。

【写真】ボツリヌス療法外来
【写真】ボツリヌス療法外来

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。

そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげる効果が期待でき、適切なリハビリテーションを行いやすくすることができます。

【写真】ボツリヌス療法
【写真】ボツリヌス療法

ボツリヌス療法で期待できる効果

  • ⼿⾜の筋⾁がやわらかくなり、動かしやすくなります
  • 関節が固まって動きにくくなるのを予防します
  • 関節が変形するのを予防します
  • リハビリテーションが⾏いやすくなります
  • 痛みを和らげる効果が期待できます
  • 介護の負担が軽くなります

ボツリヌス療法の適応疾患

眼瞼痙攣/片側顔面痙攣

眼や口の周りの筋⾁が、自分の意志とは関係なく「ぴくぴく」と痙攣する病気です。眼瞼痙攣の症状は、両側眼輪筋等の過活動により、過剰に瞼が閉じてしまう事で、ひどい場合は目が開けられなくなる事もあります。

こんな症状ありませんか?
  • 光がまぶしい
  • まばたきの回数が多くなった
  • 片目をつぶってしまう
  • 口元がピクピクする
  • まぶたがピクピクする

痙性斜頸

首が曲がるというハッキリとした症状が現れる他に、首の痛みや肩が上がらない等の年齢や疲れのせいと考えてしまいがちな症状もあります。精神的ストレスや薬剤、肩こりなどで誘発される場合もある病気です。

こんな症状ありませんか?
  • 顔が真っ直ぐ向けない
  • 頭が振れる
  • 頭が前や後ろに倒れる
  • 頭や首を動かしづらい
  • 痛みを感じる
  • 違和感がある

上肢痙縮/下肢痙縮

脳梗塞、脳卒中や頭部外傷、脊髄損傷等後遺症により⼿⾜が⿇痺し筋⾁が固くなる症状(痙縮)です 。痙縮とは筋⾁が緊張しすぎて、⼿⾜が動きにくくなったりすることです。痙縮では、⼿指が握ったままで動かしにくい、肘が曲がる、つま先が伸びきってしまうなどです。痙縮が続くと、筋⾁が固まって関節の運動が制限され拘縮となってしまいます。そのため、日常生活に支障が生じてしまいます。

【写真】上肢痙縮/下肢痙縮

上肢痙縮/下肢痙縮

脳梗塞、脳卒中や頭部外傷、脊髄損傷等後遺症により⼿⾜が⿇痺し筋⾁が固くなる症状(痙縮)です 。痙縮とは筋⾁が緊張しすぎて、⼿⾜が動きにくくなったりすることです。痙縮では、⼿指が握ったままで動かしにくい、肘が曲がる、つま先が伸びきってしまうなどです。痙縮が続くと、筋⾁が固まって関節の運動が制限され拘縮となってしまいます。そのため、日常生活に支障が生じてしまいます。

【写真】上肢痙縮/下肢痙縮

治療スケジュール

 

1

治療適応確認
投与日の予約

外来を受診し、治療の適応を確認した後、治療目標を決め、投与日の予約をします。

2

1回目投与
 

 

2

1回目投与

3

受診
次回投与日の予約

効果や症状を確認し、次回投与日を決めます。

4

投与
 

以後、3〜4を繰り返します。

リハビリテーション

②〜④までの期間は3〜4ヶ月ほどです。
(次回投与までの期間は個人差があります)

診察日について

お申し込み

毎週月曜日(8:45~12:30)

完全予約制です。

初診の方は、事前に受付窓口へご相談下さい。初回診察時には治療を開始することは出来ませんので、あらかじめご了承下さい。
痙縮に対しての治療の際は、⼊院での治療をお願いする事もあります。

費用について

ボツリヌス療法は症状により保険適応がありますが、注射薬そのものが非常に⾼価なため、障害者⼿帳取得(1・2級)をお持ちでない方は、医療費が⾼額になる場合があります。具体的な費用の程度は、使われる量によって異なりますが 3割負担の場合、1万5千円から8万円程度になる場合があります。

病院からご希望される皆様へ

以下を十分に御理解下さい。

  • ボツリヌス療法は⼀回打てばそれで終わりの治療法ではなく、繰り返し定期的な投与(3〜4ヶ月に⼀度)とリハビリテーションの継続が必要な治療法です。
  • ボツリヌス毒素の注射を打っただけで動かなかった⼿⾜が動くようになるわけではありません。あくまでも固くなった筋⾁を柔らかくすることで、適切なリハビリテーションを⾏いやすくするものです。リハビリテーションと併用することが望ましい治療です。
  • リハビリテーションは投与後、リハビリテーションスタッフによって自主訓練を指導させていただきます。
  • 効果は、個⼈差が大きいことを御理解下さい。目標は相談して決めますが、具体的かつ現実的な目標があることが望ましいです。
  • ボツリヌス療法を受けた後に副作用として、注射部位がはれる、赤くなる、痛みを感じる、体がだるくなる、⼒が⼊らない、⽴っていられないなどの症状  が現れることがあります。これらの症状は多くが⼀時的なものですが、症状が現れた場合には医師に相談して下さい。

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)