これからの医療を支える
臨床研修医を募集しています。

福西会病院は、早良区の中核病院として、急性期疾患の診療・診断・初期治療を担い、地域の皆様に親しまれています。診断装置として高性能のCT・MRIも備えており、地域医療機関の開放型病院としての機能も果たしています。

臨床研修医を募集しています
臨床研修医を募集しています

研修内容

二次救急

市内各地から救急搬送されてくる二次救急患者は、年間2,000件を超えます。研修ではこれらの患者さんの救急処置に参加していただく事になります。内容は、問診、身体所見、血ガス、各種の画像診断、挿管、人工呼吸器装着、緊急内視鏡、徐細動(電気ショック)、緊急手術等多岐にわたります。

【写真】救急医療の様子
【写真】救急医療の様子

内科系研修(責任者:循環器内科部長 高宮 陽介)

胃カメラ、大腸ファイバー、胃透視の研修も希望に応じます。
放射線科では画像診断(CT、MRI 他)読影等の研修が行えます。(責任者:放射線科部長 山下 茂)

期間 1ヶ月以上(希望期間の研修指導を行います。)
診療科 循環器科、消化器科、呼吸器内科、腎臓内科、神経内科

外科系研修(責任者:消化器外科部長 野田 尚孝)

外科系疾患の患者診療を行います。内視鏡検査ではカメラワークの助手、手術時には助手に入って研修を行います。
麻酔科では気管挿管、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、超音波ガイド下末梢神経ブロックなどの研修を行う事ができます(責任者:麻酔科部長 髙橋 亨)

期間 1ヶ月以上(希望期間の研修指導を行います。)
診療科 消化器外科、大腸肛門科、呼吸器外科、整形外科、泌尿器科、麻酔科

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)