腎臓内科

腎臓病の治療は早期発見・早期治療が大切です。腎臓病を発症しているサインの一つに、蛋白尿や血尿が挙げられます。健康診断で蛋白尿や血尿をご指摘されたときは、ためわらずに受診をして下さい。

腎臓内科は血尿・蛋白尿の診断から腎不全の進行防止まで、急性・慢性、一次性・二次性を問わず内科的腎疾患を診療しています。腎炎・ネフローゼ症候群などの腎臓病はもちろんですが、近年増加傾向にある糖尿病性腎症や腎硬化症の患者さんに対する治療方法の立案、食事療法、フットケアを中心とした生活指導を積極的に行っています。

診療内容

慢性腎臓病の治療や腎代替療法(血液透析・腹膜透析)を主体に、大学病院と連携を取り腎炎の治療も行っております。
腎臓の機能が十分ではなくなった際には腎代替療法として血液透析、腹膜透析、腎移植などを提案させて頂きます。各々の生活スタイルや病態に適した治療方法を患者さんやご家族と相談しながら選択します。

当院では、血液透析、腹膜透析の導入、維持管理を行っています。腎移植に関しては慢性腎臓病(CKD)管理、移植前検査を行いながら、適宜関連病院への紹介をさせて頂きます。

主な対応疾患

慢性腎臓病

糸球体腎炎

糸球体腎炎は血液検査や画像検査では原疾患が特定できず、腎生検が必要となるため、必要に応じ、福岡大学病院と連携を取り精査・加療を進めていきます。

検尿異常からわかる様々な疾患

  • 慢性糸球体腎炎(IgA腎症 膜性腎症 巣状糸球体硬化症 など)
  • 全身性疾患(糖尿病 多発性骨髄腫 アミロイドーシス 感染性心内膜炎 など)
  • その他 遺伝性疾患

当科では腎臓外来の他に血液透析も行っており、透析室ではベッド数50床、透析装置50台を設置しており、熟練したスタッフが安心で安全な透析治療を提供しています。県外の方で、当院での臨時透析を希望される場合でも対応させていただきます。近隣の透析施設の患者様での肺炎などの合併症を患われた際には、各科と連携を取り、診療に臨みたいと思います。地域医療に少しでも貢献できるように尽力いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

  • 医師採用情報
  • 看護職員採用情報
  • マイナビ看護学生
  • お見舞いメール
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)

病院と皆様を繋ぐ

院内広報誌
ふれあい

病院案内
パンフレット

入院案内
パンフレット

外来診療・受付時間

外来診療担当表

◎ 月〜金曜日

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00
午後
13:30~17:00(受付時間13:00~16:30

◎ 土曜日(午後休診)

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00

外来診療担当表

面会時間

◎ 月〜土曜日
13:00~20:00
◎ 日・祝日
10:00~20:00

当院は、救急指定病院・開放型病院・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

敷地内全面禁煙です。