呼吸器外科

呼吸器外科では呼吸器疾患全般の手術をはじめとした治療を行っています。呼吸器内科との密接な連携があります。

気胸、肺がんなどの呼吸疾患治療に専門の医師が対応します。呼吸器内科、麻酔科などと緊密に連携を保ち、24時間、救急(対応)可能な病院として、緊急時の迅速な診療および治療を行っています。

診療内容

呼吸器外科では、専門医が2名常勤し主に肺がんや悪性中皮種等の悪性疾患に対する診断及び外科切除を行っています。また、必要に応じて、抗がん剤治療に精通した、がん治療認定医による化学療法も行っています。さらに、自然気胸や膿胸に対する外科的治療に常時対応できるよう体制を整えています。特に、自然気胸に関してはほぼ全例に内視鏡を用いた痛みの少ない手術を行っており、術後 早期の社会復帰が可能となっています。外科手術困難な症例には肺瘻閉鎖術(フィブリン糊や塞栓術を用いる)を行い完治を目指します。

主な対応疾患

肺がん診断、手術および抗がん剤治療

肺がんは気管、気管支、肺胞から発生するがんです。現在、肺がんは1998年以降日本人がん死亡の第1位で続いています。症状として、咳、痰、血痰で発見される事もありますが、肺の末梢に発生する腺癌は無症状の事も少なくありません。検査は胸部レントゲン・胸部CTを撮影し、肺がんが疑われた場合には気管支鏡検査を行い組織学的に診断します。

自然気胸に対する内視鏡手術

自然気胸は、20~30歳代のやせた男性に多く、肺の表面にできた嚢胞の破裂が原因で肺が縮む病気です。この病気は60%程度の再発があり、外科的治療が必要になってきます。当科では気胸に対する主たる手術は胸腔鏡下手術です。胸腔鏡下手術は側胸部に小さな穴を3ヶ所あけ、内視鏡で胸腔内を観察しながら、肺の表面にできた嚢胞を見つけ、嚢胞を自動縫合器で切除する方法です。さらに症例によっては再発予防処置も行います。胸腔鏡下手術は開胸手術と異なり、術後の創痛も軽く、患者さんへの手術侵襲も少ない点で有用と考えています。

縦隔腫瘍(胸腺腫など)の胸腔鏡下切除術

胸膜悪性疾患の診断および化学療法

気管支内視鏡検査、処置(異物除去含む)

膿胸に対するドレナージおよび胸腔鏡下掻爬術

  • 医師採用情報
  • 看護職員採用情報
  • マイナビ看護学生
  • お見舞いメール
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)

病院と皆様を繋ぐ

院内広報誌
ふれあい

病院案内
パンフレット

入院案内
パンフレット

外来診療・受付時間

外来診療担当表

◎ 月〜金曜日

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00
午後
13:30~17:00(受付時間13:00~16:30

◎ 土曜日(午後休診)

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00

外来診療担当表

面会時間

◎ 月〜土曜日
13:00~20:00
◎ 日・祝日
10:00~20:00

当院は、救急指定病院・開放型病院・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

敷地内全面禁煙です。