女性外来(大腸・肛門外科外来)

女性外来(大腸・肛門外科外来)

この度、月曜日と水曜日の午後に、
女性のための女性スタッフによる
大腸並びに肛門外科外来を開設いたしました。

目的は、日本の女性のがん死亡順位1位の大腸がん対策と肛門疾患でお困りの女性のために、専門医資格を持つ女性医師による診療を行うことです。どうぞお気軽にご相談ください。

【写真】女性外来(大腸・肛門外科外来)
【写真】女性外来(大腸・肛門外科外来)

目的は、日本の女性のがん死亡順位1位の大腸がん対策と、肛門疾患でお困りの女性のために、専門医資格を持つ女性医師による診療を行うことです。どうぞお気軽にご相談ください。

大腸がん検査外来

日本における女性のがん死亡順位1位は大腸がんです。大腸がん検査を受けやすい外来診療を行うための女性外来を開設いたしました。

大腸がんの発見には大腸内視鏡が有効です。
当検査は、すべて女性医師とスタッフで
行います。

腹部症状や排便についてお困りであれば、一度受診をおすすめします。

女性の部位別がん死亡率(人)2017年(全年齢)(人口10万人対)※出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

大腸がんの発見には大腸内視鏡が有効です。当検査は、すべて女性医師とスタッフで行います。腹部症状や排便についてお困りであれば、一度受診をおすすめします。

肛門疾患の内科的・
外科的治療の専門外来

この専門外来はすべて女性医師とスタッフで対応しています。

おしりの病気には、三大肛門疾患といわれる痔核、痔瘻、裂肛の他に直腸脱、便秘や便漏れなどの
排便障害などがあります。

  • 排便時の肛門からの出血や痛み、脱出
  • 肛門の周りの腫れや化膿
  • 肛門の周りのかゆみ
  • 便秘や便漏れ

このようなおしりの症状で男性の先生に診察してもらうのは恥ずかしく、受診をためらっていた方は、
ぜひ当院肛門外科、女性外来にご相談下さい。
大腸肛門病学会専門医の別府、山下の2名が診察にあたります。

痔核(じかく)

肛門部の静脈の血流が悪くなりうっ血し、
さらに静脈が拡張したものが痔核です。
発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

痔核(じかく)

原因
排便時のいきみ、便秘や下痢、長時間の同じ姿勢、出産など

症状
出血、痔の脱出、突然血の塊ができたり、腫れて痛むなど

治療
保存的治療、注射地帳や手術治療

痔核(じかく)」

肛門周囲膿瘍(のうよう)・痔瘻(じろう)

肛門陰窩(肛門付近に存在する小さなくぼみ)に細菌が入ることで感染し肛門の
周りに炎症がおこり、膿が溜まりますその後、管ができると痔瘻となります。

肛門周囲膿瘍(のうよう)・痔瘻(じろう)

原因
ストレスやアルコールの摂取などによる下痢、裂肛からの感染、
他の疾患に伴っておこるものなど

症状
高熱、痛み、腫れ、座れない、膿が出る

治療
切開排膿、痔瘻根治術

肛門周囲膿瘍(のうよう)・痔瘻(じろう)

裂肛(れっこう)

肛門の皮膚が切れる状態です。

裂肛(れっこう)

原因
硬い便や勢いよく出る下痢など

症状
排便時の出血、痛み、排便後もしばらく続く痛み繰り返すと
肛門が狭くなることもあります

治療
保存的治療、手術治療

裂肛(れっこう)

診察時について

① 服装や診察の仕方

ベッドに左側を下にして横向きになっていただき、バスタオルをかけ、指診や器具を使った診察をします。下着やスカート、ズボンを少し下げて診察しますので、脱ぎ着がしやすい服装が良いでしょう。診察前にお風呂でおしりをきれいにしてくる必要はありません。

② 診察当日のお食事

食事はしてきていただいて構いません。

③ 生理中

生理中でも診察や検査はできます。診察の時にお声かけ下さい。

④ 妊娠中

妊娠中でも診察や検査はできます。診察の時にお声かけ下さい。

⑤ 授乳中

授乳中の方はお声掛けください。
お子さまも一緒に来院していただけます。

⑥ 検査の種類

エコー、MRI/CT、内視鏡などの画像検査や肛門内圧検査、血液検査などがあります。症状にあわせて検査を行います。

診察日・時間

女性外来

診察時間:毎週 月曜日と水曜日の午後に診療を行っています。

初診の方
13時30分〜15時30分
再診の方
15時30分〜16時30分

ご希望の方は、下記の受付専用窓口まで事前に電話予約をお願いします。

受付専用窓口
  092-861-2837

電話受付時間(平日12時〜16時30分)

大腸・肛門外科外来

平日の午前中は一般外来を行っています。一般外来でも女性医師による診察が可能です。
初診は女性医師で対応いたしますが、当日の急な検査や入院中の治療は、男性医師が一緒に行う場合がありますのでご了承下さい。学会等で女性医師が不在となることがありますので、受診ご希望の場合は前もってお問い合わせ下さい。

女性外来医師紹介

別府 理智子

女性外来、肛門外科

別府 理智子

べっぷ りちこ/Richico Beppu

  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医

2019年9月1日より入職しました別府です。大腸肛門の専門医として、便秘、排便障害の診療も行っています。受診をためらっていた女性の患者さんのお力になれればと思っています。よろしくお願いします。

山下 りさこ

女性外来、肛門外科

山下 りさこ

やました りさこ/Risako Yamashita

  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本外科学会専門医

おしりの心配事で誰にも相談できず悩まれている女性の方々、いつでも私達が相談にのります。皆さまのお力になれれば嬉しいです。

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)