脳神経外科

脳卒中、頭部外傷、頭痛疾患、てんかん、低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)などの患者さんをみております。病む人のおかれた状況をできるだけ理解した上で、きめ細かい医療の実践を心がけております。

診療内容

脳神経外科では、脳の病気や頭部の怪我の患者さんの診断と治療を行います。薬物治療やリハビリテーションに加え、必要に応じて、頭部の手術を行います。脳卒中をおこしやすい原因をあらかじめ早期に発見し、脳卒中の発病を未然に予防するためのアドバイスや薬物療法なども行っています。

主な対応疾患

頭痛疾患

  • 片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛

脳卒中

  • 脳梗塞、一過性脳虚血発作、高血圧性脳内出血、くも膜下出血、もやもや病
  • 未破裂脳動脈瘤

脳卒中は、手足の力が入りにくい、しゃべりにくい、顔面がゆがむ、めまいがする等のさまざまな症状で発病します。早期の診断と治療が必要ですので、できるだけ早めに受診されてください。頭部CTやMRI検査を行い、速やかに治療方針を決定いたします。

頭部外傷

  • 脳振盪、頭蓋骨骨折、脳挫傷、外傷性頭蓋内出血

頭部を打撲された場合は、症状にもよりますが、まずは緊急にCT検査を行い頭蓋内出血の有無を調べます。嘔吐を繰り返す場合や、意識がはっきりしない場合には、入院にて適切な対応を行います。

慢性硬膜下血腫

慢性硬膜下血腫は、徐々に頭の中に血液がたまってくる病気です。高齢者に多く、物忘れがでてきたり、体の動きが鈍くなる、意欲がなくなるなど、認知症のような症状が出てきます。頭部打撲の数ケ月後におこることが多いのですが、血液を固まりにくくする薬剤(バイアスピリン、ワルファリンなど)を服用されている方にもおこりやすい病気です。

治療

手術で治る病気です。頭部に直径1.5cm程度の小さな穴をあけて(穿頭手術)、頭蓋骨の下方に貯まっている血液を吸いだして洗浄します。手術は局所麻酔で行い、約30分ほどで終了する手術です。

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

低髄液圧症候群は聞き慣れない病名と思います。別名、脳脊髄液減少症とも言われます。診断のつきにくい頭痛として、脳神経疾患の中では注目すべき病気です。脳や脊髄の周囲には脳脊髄液(髄液と略)という透明な液がながれています。この液体は、硬膜という袋状の組織で囲まれていますが、この硬膜が破損し体内で髄液が漏れてしまう状態を低髄液圧症候群と呼びます。髄液の水圧が下がり、頭痛や吐き気などがおこる状態です。悪化すると、記憶障害、運動障害、意識障害などが出現することもあります。

原因

原因のはっきりしない、特発性低髄液圧症候群が多いのですが、外傷や重たい物を持ち上げるなどを契機に発病することも少なくありません。外傷としては、ボールで頭部を打撲した、スキーで背中を打撲した、尻もちをつくなど、比較的軽度の外傷にて発病します。外傷の衝撃などで髄液の水圧が一時的に上昇し、もともと存在する硬膜の薄い部分が破れて、髄液が漏れるのではないかと推測されています。また医療行為による低髄液圧症候群はよく知られています。これは腰椎麻酔などで、脊柱管に針を刺す処置を行うと、穿刺した部位の硬膜が破損し、髄液が漏れ出て発症します。

診断

まずは問診が重要です。

鎮痛剤の効かない頭痛、特に起立性頭痛があれば疑いが濃厚です。確定診断は画像診断によります。低髄液圧症候群では、頭部の造影MRIを撮影しますと、(図1)の矢印のように硬膜が白く造影されます。

(図1)

(図2)

低髄液圧症候群では、しばしば硬膜下水腫や慢性硬膜下血腫が出現します(図2矢印)。これは、髄液圧が低下することで、脳の下垂がおこり硬膜の下に液体が貯留することで発生します。

髄液漏出部位の確認には、脳槽シンチグラフィーが有用です。放射性同位元素であるIn-DTPAという物質を腰から髄液の中に注入し、RI装置を用いて脊髄全体を撮影します。もし髄液漏出があると、放射性同位元素の漏れにより、脊髄の横に突出した影が検出されます(図3矢印)

CTミエログラフィーは、脳槽シンチグラフィー検査と同様に、腰部から穿刺して造影剤を髄液内に注入し、CTで髄液漏出を検出する検査法です。脳槽シンチグラフィーに比べて髄液漏出の検出感度は低いのですが、漏出部位を正確に同定することが可能です。当院では、RI装置がないために、CTミエログラフィーを実施しています。

(図3)

治療と経過

低髄液圧症候群は、発病して間もない場合は、2週間程度の点滴と安静臥床により、多くの症例で自然に治癒することが期待できます。しかし起立性頭痛が長期化し改善が不良な場合は、髄液漏出部位を同定したうえで、自己血硬膜外注入療法(ブラッドパッチ)による治療を検討します。

てんかん及びけいれん発作

高齢者に多くみられます。脳出血や脳梗塞の後遺症、あるいは認知症などに伴っておこります。緊急治療にて発作を速やかに停止させ、できるだけ脳の障害が残らないように対応いたします。また、小児期に発病したてんかんの方で、成人しても服薬が必要な患者さんが少なくありません。いわゆるキャリーオーバー(移行医療)という状態で、年齢的にみて小児科での加療には限界がありますので、当科外来での投薬を行っております。

高齢者のてんかんについて

「てんかん」は、人口1,000人に対し、およそ5~10人の割合で発生し、決してまれな病気ではありません。全国で約100万人の患者さんが罹患されていると言われています。小児と高齢者に多い病気ですが、人口の高齢化に伴い近年では高齢者てんかんが増加しております。手足にひきつけがおこり、意識がなくなって、突然その場で倒れてしまうような発作のみがてんかん発作と思われがちです。しかし、物を落してしまう、あるいは単にぼんやりした状態になる、無意識のうちに行動するなど、いろいろな種類のてんかん発作があります。時には認知症との区別が難しいてんかんもあります。何らかの脳の病気などで脳に傷がつくと、数年後に、てんかん発作のおこることが多く、これを「症候性てんかん」と言います。高齢者における症候性てんかんの原因疾患としては、脳卒中が最も多く、次に多いのは認知症など脳の加齢変化によるものです。頭部外傷も高齢者てんかんの原因となります。意識消失やけいれんをおこして来院される患者さんには、まず血液検査や心電図検査などを行って全身や心臓の病気がないかチェックします。次に頭部CTやMRI検査を行い、脳腫瘍や小さな脳の傷の有無を調べます。さらには、脳波検査を行い、異常な電気信号が認められるかどうかを検査します。

(図4)脳梗塞後遺症により、てんかん発作をおこされた患者さんのMRI(右頭頂葉に脳梗塞後の瘢痕がみられる:矢印)

(図4)

治療は薬物療法が中心です。高齢者では、他の薬剤の服用も多く、薬剤相互作用も念頭におく必要があります。また、てんかんの薬は長期投与を余儀なくされることから、肝臓や骨への影響も無視できない問題です。ただ、ここ数年の間に有効性の高い、しかも副作用の少ない薬剤が相次いで使えるようになっており、以前に比べるとてんかんの薬物治療が非常にやりやすくなってきました。てんかんの診断が下されても決して悲観する必要はありません。根気よく、適切な薬剤を服用することで、多くの患者さんは普通の社会生活を営むことが可能です。お困りのことがありましたら、当院にご相談ください。

  • 医師採用情報
  • 看護職員採用情報
  • マイナビ看護学生
  • お見舞いメール
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)
  • 動画で見る♩簡易マスクの作り方(縫わずに簡単作成♩)

病院と皆様を繋ぐ

院内広報誌
ふれあい

病院案内
パンフレット

入院案内
パンフレット

当院は、救急指定病院・開放型病院・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

敷地内全面禁煙です。

外来診療・受付時間

外来診療担当表

◎ 月〜金曜日

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00
午後
13:30~17:00(受付時間13:00~16:30

◎ 土曜日(午後休診)

午前
8:45~12:30(受付時間8:00~12:00

外来診療担当表

面会時間

◎ 月〜土曜日
13:00~20:00
◎ 日・祝日
10:00~20:00

当院は、救急指定病院・開放型病院・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

敷地内全面禁煙です。