リハビリテーション科

リハビリテーション科

専門性の高いリハビリテーションを1日でも早く…
出来なかったことが出来るようになったり、つらい思いをして行っていた動作が少しでも容易に行える。

急性期リハビリテーションを担う私たちは、
そんなリハビリテーション目指します。

【写真】リハビリテーション科
【写真】リハビリテーション科

リハビリテーションセンターは、
脳血管Ⅰ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、心大血管疾患Ⅰの施設基準を取得しています。

【写真】リハビリテーションセンター

【写真】リハビリテーションセンター

急性期リハビリテーションを担う当センターでは、医師の指示の下、さまざまな疾患を持つ患者さんを中心に、
専門性を生かしたリハビリテーションを365日体制で継ぎ目なく提供いたします。
福西会病院のリハビリテーション科には、理学療法士 23名、作業療法士 8名、言語聴覚士 4名、助手 3名の総勢38名のスタッフが在職しています。
(内、認定理学療法士 1名、心臓リハビリテーション指導士 1名、呼吸療法認定士 4名)

リハビリテーションの種類

【写真】理学療法(PT)

理学療法(PT)

患者さんの運動機能の改善を図るとともに、可能なかぎり早期に離床を促し、座位・立位・歩行といつた基本動作能力の改善をめざし、日常生活の自立をお手伝いいたします。

【写真】作業療法(OT)

作業療法(OT)

患者さんが今後生活していくために、身の回りの動作(食事や排泄、更衣など)や生活に関わる動作(家事や車の乗り降り、趣味活動など)の問題を評価し、生活の中で主体的な活動を獲得できるよう作業活動やレクリエーションを用いて訓練を行います。

【写真】言語療法(ST)

言語療法(ST)

コミュニケーションでお困りの方(構音障害、失語症、高次脳機能障害など)や食べることや飲むことがスムーズにできずお困りの方(嚥下障害)へ言語訓練や高次脳機能訓練、嚥下訓練を行っています。

【写真】理学療法(PT)

理学療法(PT)

患者さんの運動機能の改善を図るとともに、可能なかぎり早期に離床を促し、座位・立位・歩行といつた基本動作能力の改善をめざし、日常生活の自立をお手伝いいたします。

【写真】作業療法(OT)

作業療法(OT)

患者さんが今後生活していくために、身の回りの動作(食事や排泄、更衣など)や生活に関わる動作(家事や車の乗り降り、趣味活動など)の問題を評価し、生活の中で主体的な活動を獲得できるよう作業活動やレクリエーションを用いて訓練を行います。

【写真】言語療法(ST)

言語療法(ST)

コミュニケーションでお困りの方(構音障害、失語症、高次脳機能障害など)や食べることや飲むことがスムーズにできずお困りの方(嚥下障害)へ言語訓練や高次脳機能訓練、嚥下訓練を行っています。

リハビリテーションを提供するにあたり、
私たちが大切にしているもの

患者さんのQOL(生活の質)向上のために、他部署との連携を図りチームで関わることを何よりも大切にしています。「ここのリハビリテーションセンターにきてよかった。」そう感じて頂けることを私たちは目指しています。

【写真】リハビリテーションの様子
【写真】リハビリテーションの様子

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)