看護部

各看護師がそれぞれに専門性を発揮しながら、地域の中核病院としての役割を果たせるように努力しています。各病棟とともに、カンファレンスを通じて細やかな情報交換を行うとともに、疾患やケアについて話し合い、他職種とも連携を取りながら、患者さんにとってより良い治療や看護が行えるようにしています。

コミュニケーションを常に大切にし、患者さんやご家族さまの気持ちに寄り添えるよう、行き届いた温かみのある看護を行っています。

【写真】看護部
【写真】看護部

看護理念

“つなげる看護”

基本方針

  • ・その人らしさを尊重し支えます
  • ・チームで協力して、安全な看護を提供します
  • ・継続性のある看護に努めます
  • ・専門職として成長し続けます
【写真】看護部
【写真】看護部

看護部長ご挨拶

福西会病院看護部は、「つなげる看護」との看護理念の下、
患者さんへ安心と安全な質の高い看護を提供できるよう日々邁進しています。

現在 看護部には、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高いケアを実践できる専門看護師、認定看護師、有資格者がいます。この看護師を中心として看護専門外来を立ち上げ、これからの看護の担い手のスキルアップを支援し、更なる看護ケアの充実と質の向上を図る事に貢献していきます。

今後も患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって、病院が目指す『誠実で信頼される医療』を様々な角度からサポートし、皆さんが信頼と安心を感じて頂けるよう努めていきます。

福西会病院 看護部長 町田 京子

【写真】福西会病院 看護部長 町田 京子

【写真】福西会病院 看護部長 町田 京子

福西会病院 看護部長
Kyoko Matchida
町田 京子

各部署のご案内

外来

1F外来

日々、たくさんの患者さんが外来を訪れます。
適切な診療科への紹介、診療科同士の連携を深め、患者さんの満足度や待ち時間の軽減などに配慮し、ニーズに合わせた対応を心がけています。
また、外来業務において、化学療法も重要な業務の一つとなっています。

化学療法室についてはこちらからご覧下さい

【写真】1F外来
【写真】1F外来

病棟

【写真】3F病棟

3F病棟

整形外科疾患、地域包括ケア病床の病棟です。

【写真】4F病棟

4F病棟

外科系疾患を中心とした混合病棟です。

【写真】5F病棟

5F病棟

内科・神経内科・消化器科を中心とした混合病棟です。

【写真】3F病棟

3F病棟

整形外科疾患、地域包括ケア病床の病棟です。

【写真】4F病棟

4F病棟

外科系疾患を中心とした混合病棟です。

【写真】5F病棟

5F病棟

内科・神経内科・消化器科を中心とした混合病棟です。

【写真】6F病棟

6F病棟

循環器科・内科系疾患を中心とした混合病棟です。

 
 
【写真】6F病棟

6F病棟

循環器科・内科系疾患を中心とした混合病棟です。

センター・手術室

腎センター(人工透析室)

慢性腎不全に対する維持透析等血液浄化療法全般を行っています。体外循環をする環境下で、いつ状態が変化するかも解らず、緊張度は高いですが、プライマリー看護師の活躍と臨床工学技士とのチームワークで、患者さんのQOL向上のため温かみのある看護を行っています。

【写真】腎センター(人工透析室)

腎センター(人工透析室)については
こちらからご覧下さい

【写真】腎センター(人工透析室)

手術室

年間1,000件程度の手術看護の提供をし、症例ごとの看護計画や術後評価の共有・意見交換を活発に行っています。また、術前・術後訪問はもちろんのこと、回診にも積極的に参加し、患者さんを中心とした質の高い周術期看護の実践ができるよう行き届いた看護を行っています。

【写真】手術室
【写真】手術室

研修・教育について

教育目標

救急医療を担うチームの一員として1人1人が専門職としての責任と役割を自覚し、人々に信頼される質の高い看護を提供できる看護師を育成します。個々のキャリアプランに基づき、個人の意思を尊重してキャリア開発が出来るように、専門職として自律した看護師を育成・支援します。

【写真】教育目標

教育体系

  • 新人看護職員研修
  • 新任期看護職員フォローアップ研修
  • 中途採用者フォローアップ研修
  • クリニカルラダー制度(自己選択制)
  • 分野別研修(呼吸ケアコース、スキントラブル対策コース)
  • 看護補助者研修
  • 看護部全体研修

チーム支援型+
エルダー・メンター制を導入

新人看護師の教育体制は、チーム支援型(エルダー・メンター制)を導入しています。集合研修では、入職時、年間研修を計画し、新人看護師のみなさんが段階的に看護業務に慣れ、活躍できるよう支援します。現任教育では、クリニカルラダーと分野別研修のコースがあり、どちらも自己選択制です。
中途採用者やライフイベントで学習の中断を余儀なくされていた方も個人の目標や学習課題に応じて自由に選択し参加できるシステムとなっています。

【写真】教育体系 チーム支援型+エルダー・メンター制を導入しています

レベル別研修

それぞれのレベルに対し研修を実施しています。口腔ケアの実践や看護過程等の専門家を講師として招き研修を行い、院内の認定看護師によるセミナーも実施しています。

【写真】教育体系 チーム支援型+エルダー・メンター制を導入しています

専門看護師・認定看護師の
ご紹介

当院には、3分野の専門看護師・認定看護師が活動しています。
1名はがん看護専門看護師、皮膚・排泄ケア領域認定看護師の資格を有し、もう1名は緩和ケア認定看護師の資格を有しています。
2名とも、それぞれの専門領域における役割モデルとなり、直接ケアのみならずコンサルテーション活動も積極的に行っています。

専門看護師・認定看護師の活動

それぞれの専門領域に関する実践に加えて、次のような活動を行っています。

  • 褥瘡ケアやストーマケアなど皮膚排泄ケア領域に関する勉強会
  • 緩和ケアや化学療法などがん看護に関する勉強会
  • 院内看護研究の支援

がん看護専門看護師
皮膚・排泄ケア領域認定看護師

「あなたの説明を聞いて理解できました。」「あなたたちが一生懸命やってくれたので、私も頑張れそう」患者さんやご家族の方からこんな言葉を聞くと、とてもうれしい気持ちになり、自分の看護を振り返るきっかけになります。皮膚・排泄ケア領域の活動として、褥瘡ケア、ストーマケア、失禁ケア、フットケア、胃瘻ケアなどがあります。これらは看護師であればだれもが行っている日常生活援助の一部ですが、時に皮膚トラブルが改善しない、傷が治る為の工夫を必要とするような場面に遭遇します。

そのような時、認定看護師として学んだ知識や技術を生かし、問題解決に取り組みます。そして、快適な日常生活を送れるように患者さんの心に働きかけたり、療養環境を整えたりしています。また、このような実践を看護師と共に行う事で、看護師の実践能力向上につなげています。

【写真】がん看護専門看護師 皮膚・排泄ケア領域認定看護師

がん看護専門看護師
皮膚・排泄ケア領域認定看護師
高木 良重

【写真】がん看護専門看護師 皮膚・排泄ケア領域認定看護師

がん看護専門看護師
皮膚・排泄ケア領域認定看護師
高木 良重

緩和ケア認定看護師として

患者さんは、仕事が続けられなくなったり、食べないものが食べられなくなったり、思うように動けなくなったり…と、今まではできていた事がままならなくなる喪失感をいくつも経験されます。緩和ケア看護師として、患者さんとそのご家族を全人的に理解し、生きる意味を見出す看護、喪失した事の代わりに得た事を共に見つけていく看護、患者さんとそのご家族と共に苦悩も喜びも共有する看護を提供していきたいと考えています。

また、身体の症状をはじめとする様々な苦痛を緩和できることを目標に、患者さんを取り巻く様々な職種、それぞれの専門の立場から考えるケアや意見を共有し、患者さんのケアに活かされるようチームアプローチの推進に努めています。

【写真】緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師
城戸 光代

【写真】緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師
城戸 光代

感染管理認定看護師の役割

感染は目に見えない病原微生物によつて引き起こされます。免疫力が低下した患者さんや、職業上感染の伝播に関与しやすい医療スタッフ双方を感染から守り、安全、安心な医療を提供することが感染管理の目的です。医師や看護師、検査技師、薬剤師等の多職種と連携を図り、患者さんに清潔な療養環境で過ごしていただけるよう日々活動しています。

そのような時、認定看護師として学んだ知識や技術を生かし、問題解決に取り組みます。そして、快適な日常生活を送れるように患者さんの心に働きかけたり、療養環境を整えたりしています。また、このような実践を看護師と共に行う事で、看護師の実践能力向上につなげています。

【写真】感染管理認定看護師

感染管理認定看護師
右近 はる美

【写真】感染管理認定看護師

感染管理認定看護師
右近 はる美

【写真】感染管理認定看護師

福西会病院にて受診いただける、診療科目および、専門外来をご案内いたします。

当院の専門職が所属する、部門・専門センター(看護部、放射線部等)をご紹介いたします。

当院では、一般健診や、その他人間ドック等様々なものを実施できるようご用意しております。

急性期医療から在宅医療まで 診療科目・部門

当院は、外来診療をはじめ、救急・セカンドオピニオン・在宅医療で地域医療に貢献します。

安心と安全な質の高い看護を 福西会病院 看護部

患者さんにしっかり寄り添い、専門的知識と技術をもって信頼と安心の看護をご提供します。

脳疾患を未然に防ぐ 脳ドック

MRIを駆使して、脳卒中専門医が判定し、
皆さんの脳の健康を守ります。

24時間365日対応 在宅診療科
みなさまとの架け橋に 地域医療連携室
熟練されたスタッフによる透析治療 腎センター(人工透析室)
これからの医療を支える 臨床研修医募集
病院と皆様を繋ぐ 広報誌 ふれあい
病院パンフレット PDFでご覧いただけます
医療の質評価指標を公開しています
医療の質評価指標を公開しています

福西会病院は、・救急指定病院 ・開放型病院 ・在宅療養支援病院であり、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入しております。

福西会病院は日本医療機能評価機構認定病院です
福西会病院は敷地内全面禁煙です
【急患24時間受付】092-861-2780(代)